セラミック治療
ホーム > セラミック治療

セラミック治療

ハイブリットセラミックインレー ・・・21,600円(税込み)

 

最近開発された歯科素材のひとつにハイブリッドセラミックがあります。セラミックは透明感があり、色が天然歯に近く、金属アレルギーの心配もありません。しかしながら壊れやすいという最大の弱点があります。 このため、奥歯など大きな力が加わる部位には積極的には使用できませんでした。 このセラミックの弱点を克服した素材がハイブリッドセラミックです。以前は奥歯にできた虫歯に金属を詰めていましたが、ハイブリッドセラミックインレーを使うことにより、治療後も自然な歯の状態を維持することができます。

オールセラミッククラウン ・・・ 108,000円(税込み)


オール.セラミッククラウンとは、審美性の高い素材であるセラミックで作った歯の被せ物、またそれを使った治療法のことです。歯を全体的に一回り小さく削り、上からセラミック製のクラウンを被せることで、歯を美しく整えます。金属を一切使用していないセラミックのみの被せ物なので、光の透過性が高く、色調もきわめて自然に再現することができます。前歯など目立ちやすい部分に最適です。金属アレルギーの心配はなく、歯や歯茎が黒ずむこともありません。

メタルボンドセラミッククラウン ・・・86,400円(税込み)

通常の保険のきかない差し歯がこれにあたり、色調、形態ともにすぐれています。唾液の吸収による変色や口臭の心配もありません。内側を強固な金属で補強しますのでブリッジなどに最適です。

ハイブリットセラミッククラウン ・・・ 54,000円(税込み)


セラミックとプラスチックの掛け合わせた素材で作製します。色調、強度ともに保険のプラスチックに比べ優れています。症例により金属で補強する場合があります。

硬質レジン(プラスチック)・・・保険適用

プラスチックの差し歯です。長い間使用していると、唾液を吸収し、変色したり、磨り減ってしまうことがあります。前歯の舌側(裏側)はすべて金属で作製し、奥歯については補強する金属の使用が保険で認められていません。

医療費控除について

医療費控除とは

医療機関に支払った 1年間の医療費の合計金額が、 原則 10万円を超える場合に控除を受けることができる制度です。

対象となる範囲は

病気を治療するために支払った治療費、入院費、通院費などで、美容のための支出は認められません。
歯科においては、金やセラミック系をつかった義歯や、不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるものは可能です。インプラントも対象となります。
また、その年の 1月1日から12月31日までに支払った医療費が対象です。

医療費控除を受けて還ってくる金額は
A-B-C=医療費控除額

A:その年の 1月1日から12月31日 に支払った医療費の合計額
B:保険金などで補填される金額(社会保険などから支給を受ける医療費など)
C:合計所得金額× 5%または10万円 の何れか低い額

控除できる金額は、 200万円 までです。所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。
医療費控除は、本人の医療費だけでなく、家計が同じなら配偶者や親族の医療費も対象となります。
また、共働きの夫婦の場合で、妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できますから、収入の多い方で医療費控除の確定申告を行えば、それだけ戻ってくる金額が多くなります。

手続きは

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を税務署に提出してください。その際、医療費の支出を証明する書類(領収書など)と、給与所得のある方は源泉徴収票 (原本)も付けて下さい。詳しくは、お近くの税務署にお問い合わせ下さい。